• 未分類
  • 10betとは
  • 未分類
  • 税金・税金対策
  • 10betで投資
  • 10betとは
  • 10betとは
  • 10betの使い方
  • 10betとは
  • 10betとは

ブックメーカーはある程度の利益を得たら確定申告をして税金を支払う必要が出てきます。

10betに限らず、他のブックメーカー全てが対象です。

 

せっかく利益を得たのに、税金に持って行かれたらもったいないですよね。

できるだけ税金は少なくなるような税金対策・節税対策についてお伝えしようと思います。

 

▼ブックメーカーの税金についてはこちら▼

ブックメーカーでかかる税金とは【初めての10bet】
2019-01-08 18:54
少し驚くかもしれませんが、株やFXなどで税金がかかるように、ブックメーカーでも税金がかかります。 かかる税金とその対策方法についてお伝えしていきたいと思います。 対策方法について...

ブックメーカーの税金対策について

ブックメーカーの税金対策は結構簡単で、たったの2つです。

他にもありますが、初心者のうちからあれもこれも…とするのではなく、少しずつ把握していった方がテンパらずに済みます。

月1.5万〜3万円くらいのお小遣いで良ければそれで納める

特に仕事をしないで、扶養内などでブックメーカーをしている人は38万円、仕事で一定のお給料をもらっている人は年間20万円の利益があったら確定申告などをしないといけなくなります。

 

つまり、扶養内などの人は毎月約3万円以上、働いている人は約1.6万円以上の利益があった時点で確定申告・税金支払いの対象になってしまいます。

 

とにかく確定申告を出すのが面倒だという人や、その金額で十分という人は、毎月その金額内で納めるようにしましょう

経費として使えそうなものを把握する

ブックメーカーは意外と経費として使えるものが多いです。

経費になりそうなものを把握して、都度領収書を取っておくことをおすすめします。

 

経費になりそうなものリスト

  • スポーツ研究のための費用(雑誌や新聞など)
  • 選手調査のための旅費(国内や海外など、ホテル代や飛行機代、チケット代などすべて)
  • 携帯代
  • 通信費(インターネット代など)
  • 家賃(作業しているスペース分で満額は不可)
  • 光熱費(作業している時間分で満額は不可)
  • ブックメーカーの勉強会費用(会議やコミュニティ・講演会参加費など)
  • ブックメーカーをするためのIT機器費用(パソコンの買い替えやスマホの買い替えなど)

 

見たらわかると思うのですが、ブックメーカーのためにかかったお金すべてを経費としてつけることができます

なので、スポーツ観戦が趣味の人でブックメーカーをするというのは、趣味と実益を兼ねられるので非常におすすめです。

確定申告が面倒ならこんな方法も

正直確定申告は面倒です。

ある程度稼げるようになってきたら、それこそ税理士を雇った方が楽です。

 

とはいえ、初心者のうちから数百万円を稼げたとしたら天才的です。

初年度は数十万円を稼げたら素晴らしいと思ってください。

ただ、初年度で数十万円を稼げた場合、翌年からはもっと稼げるようになるので、分析や研究・投資をした自分をしっかり褒めましょう。

 

話が少しそれましたが、確定申告が面倒な人は毎年50万円以内に利益をおさめておくと楽です。

ブックメーカーの利益は一時所得として記載することができるため、50万円以内なら控除になります。

そこにトータルの金額を記載すればそれで完了になるため、毎月約4.1万円の利益になるように投資するのもありです。

脱税だけはやめましょう

面倒だから良いや、と税金をおさめなかった場合、ペナルティで必要以上の税金を支払わなくてはいけなくなる場合もあります。

そうならないためにも確定申告をしっかりして、言われた税金をしっかり払いましょう。

 

ちなみに確定申告でわからないことがあれば、役所でも教えてくれます。

言い方が悪いですが、税理士さんに聞くよりも役所で聞いた方がタダで済むのでおすすめです。

とはいえ専門職ではないので難しすぎる内容は税理士さんに聞いた方が良いですが、初心者や低額の利益の場合には役所でも十分だと思います。

 

↓最大約10000円のボーナスをゲット↓

おすすめの記事